1920〜30's ALAMBRICA 二重コットン巻ワイヤー 32AWG

1920〜30's ALAMBRICA 二重コットン巻ワイヤー 32AWG

※残り僅少につき、お一人様につき最大10mまでのご購入でお願い申し上げます

 

とうとう放出です。これぞ秘蔵中の秘蔵…驚きの「南米アルゼンチン産ヴィンテージ二重コットン巻ワイヤー “ALAMBRICA” 32AWG」の登場です。

 

大規模かつ粗放的な農牧場経営が行われ、農牧産品輸出国として発展し、19世紀末から20世紀の30年代まで世界大国として君臨したアルゼンチン共和国産の見事な土壌から生まれたパーフェクトな銅と、豊富な生産資金が投じられた、超高品質な正真正銘の1920〜30年代のヴィンテージアルゼンチンワイヤーです。

※画像にINDUSTRIA ARGENTINA、BUENOS AIRESの印字を見ることが出来ます

 

このワイヤーは、多く存在するアメリカ産ワイヤーと違ってあまりにレア…数が全く無く、もう二度と確実に手に入ることはありません。

かつて弊社でも期間限定および数量限定の販売とさせて頂いていました。また、あまり出したくないもう一つの理由としては、音質が途轍もなく凄い為です。

 

このワイヤーは32AWGという大変細い線径で、絶縁体には二重コットン巻きが施され、その中に裸銅線という構造ですが、不思議なことにその見た目と比べて芯線がしっかりとした硬さと質量を兼ね備えており、そしてそれが音質に確かに比例しています。

まず、出音がとにかくファットです。一音一音の太さとパワフルさ、コシの強さからくる説得力が、とても32AWGのそれとは思えない程です。音の太さの体感としては18AWGクラスと言っても過言ではありません。

 

通常32AWGとなると、その芯線に比例してかなり繊細でハイファイ系の音になります。ところが、このワイヤーは驚くほ