IMG_4491.JPG

WAGNUS. Original Superlative Solder 
Aqua Augu
​début

INTRODUCTION

ケーブル製作を追求していく中でWAGNUS.は一つの到達点として、私たちが理想とする線材を1から開発を行い実現化させ、そして皆様に提供をしてまいりました。

 

そうした上で私たちが追求の「次なるステージ」として捉えたのが、プラグ・コネクタ設置を行う際に使用し、その種類や施工技術によってサウンドクオリティにも大きく直結する重要なマテリアル…「ハンダ」です。

弊社でも数多くのハンダを取り扱い状況に応じて使い分け、その時その時のベストを産み出してきましたが、最上級のケーブルを追い求めていく過程において既製品のいずれのハンダも、私たちにとっては「電気抵抗」という認識の物質概念から外れるものではありませんでした。

 

もっと電気抵抗を減らせて、線材にとってマイナスを及ぼさない“天然水”のようなハンダはないものかと常々考える日々でした。それがあれば「更なる高みを目指せるのにな…」というジレンマ。

 

そこで色々と構想を練り、タイミングも相まり、

“ブランドメジャー創設10周年”という節目を記念して…

WAGNUS.はついに、自社オリジナルのハンダを作ってしまいました。

その名も「Aqua Augu」(アクア・オーグ)

また一つ理想としていたものを実現化させるに至ったそれは、

 

間違いなく「世界最高のSolder」です。

IMG_4492.JPG

SPECIFICATIONS


その全容については残念ながらトップシークレットになってしまいますが、一切の妥協なく徹底的にこだわり抜いた幾つかの点については、可能な範囲で以下にご説明させて頂きます。



銀&錫の純度
合金の組成については秘匿事項になりますが、メインとなる組成の一部は銀と錫です。
銀の純度は4N(99.99%)の最高純度銀、錫の純度はなんと究極の5N(99.999%)という、極めて高純度な金属構成を採用しています。
そしてただ高純度なだけではなく不純物を究極的に取り除く製造メーカー独自の特殊技術によって作られる金属によって作り上げています。ハンダとしては異例ともいえる超高純度を使用することにより、電気伝送や周波数への影響を極限に減らし、圧倒的にクリアで且つナチュラルな音色を生み出します。





フラックスの等級
ハンダの品質を探求する上で避けて通れないのがフラックスです。フラックスはスムースなハンダ付けを補助してくれる溶剤…いわば促進剤になるのですが、このフラックスがもたらす音質への影響は到底無視できないもので、品質の良さに応じて音質への雑味(周波数的なクセ)がなくなるイメージです。
そして当ハンダのフラックスには、ハライド含有量(=フラックス中の塩素(Cl)、臭素(Br)及びヨウ素(I)含有量の合計を換算した値。数値が低ければ低いほど良いとされています)0.1%以下基準をクリアしたJIS規格AA等級の最上級品を採用しています。





全てが極めて高純度
この究極までに追い込んだオリジナルハンダですが・・その試験成績を見たとき、驚愕しました。本来どうしても合金または金属の不純物が微細に混在してしまうものなのですが、当ハンダはその不純物のスコアが他ハンダ、海外メーカーの特注ハンダ等と比べても圧倒的に少ないのです(つまり世界最高のハンダ)。各項目数値の中でも0.0001%以下(測定不可)となっている部分もあり、これはケーブルとの電気伝送におけるロスレス、情報量、解像度を真に限界まで引き出す要因に繋がります。
それに伴う膨大な製造コストは言うまでもありませんが・・国内の信頼あるハンダ製造メーカーに全面協力いただき、弊社が理想とする究極のハンダを誕生させることが叶いました。





低温でのハンダ付けが可能
ハンダ付けにおいて、例えば300℃以上の高温でハンダ付けをすると、どうしても設置する部材(プラグや基盤や線材や絶縁体)に対してダメージを与えてしまいます。それだけで音質に悪影響を及ぼします。もちろん一瞬でハンダ付けをするという高度な技術でクリアできる面もありますが、ハンダの融点が低ければその分だけ部材へのダメージは大きく減らすことができます。
そして、このハンダの融点は何と200℃前後と低く、またフラックスの流れも非常に良いため、部材へのダメージを大きく減らして設置をすることが可能なのも大きなメリットとなっています。





このハンダの音質的特徴
このハンダによって生み出される音質は一言でいうと「極めて純水」のようなサウンドです。周波数全域に対して付帯音が皆無で、電気抵抗を究極的に減らしています。高域はどこまでもクリアで伸びやかで雑味はなく、それによって周波数レンジの限界値はどこまでも広がります。
そこから派生して中音〜低域まで非常に豊かで密度感があり音が前へと向かい、音楽をちゃんと音楽として鳴らし、リアリティあるサウンドとして再生されます。良い録音物は最高に良い音で再生されて空気感までも伝わり、イマイチな録音物はそのまま粗がでます。




※「Aqua Augu」単体販売の予定はございません。何卒ご容赦下さいませ







 

IMG_4792.JPG

Aqua Augu début cable

 そんな究極のオリジナルハンダ“Aqua Augu”の導入デビューとなるのが、

音質を追求される皆様へ贈る、

WAGNUS.ブランド最新ケーブル「NUCLEON」になります。

ここから、新たな伝説を作ります。