top of page
Sakura Quartz Lily

Sakura Quartz Lily

Warmth envelops and beauty reminiscent of gemstones.

 

⚫︎Sakura Quartz Lilyのサウンド

全体としてはウェルバランスタイプで、ウォームで優しく包むような音色の中にボーカルスポットがあり春らしさを感じさせます。一方で音輪郭はシャープでスッキリとしており、追随性に優れピシッとした感じがどこか宝石めいた質感で、楽曲全体にメリハリを与えつつしっかりまとめ上げています。

高域は煌びやかさがあり且つ整った繊細表現が美しく、軽快なフットワークとシルキーな感触が春を思わせるような耳当たりの良さです。
中高域は宝石のカット感を表現しているような一音のエッジ感が先述の高域特性とも併せて特徴的で、抜け感にも優れたハキハキ系で、弦楽器の音伸びの良さやツヤっぽさが女性ボーカルなどのニュアンスとも非常にマッチしています。
中域では明るく伸び伸びとしたボーカルが満足度を高め、ハーモニクスや倍音成分も綺麗で心地良くも楽しめるフックとなっています。
中低域はウォームで程よく厚みのあるベースラインが適切なグルーヴ感を生み、ふくよかさを出しつつドラムの胴鳴りなどは明瞭的です。
低域はバスドラムやフロアタムの沈み込み、タムタムの微細なニュアンスもしっかり表現し、楽曲のリズムが明快で安定感があります。

麗しく咲き誇る宝石のような桜と、包み込む春のような暖かさが共存する優しくもエキサイティングな聴き応えあるサウンドの仕上がりとなっています!

 

 

【歴代Sakura Lilyシリーズとの比較】

「Sakura Lily」(1st/完売済)
Sakura Lilyはシリーズ中で最も近接感があり、中域〜中低域が豊かで柔らかな音輪郭をもち、暖かな春に桜がひらひらと舞い散るようなエモさとセンチメンタルさを内包したサウンドキャラクターでした。 桜感を全面に出している初代の雰囲気に対して、今作Sakura Quartz Lilyは全体的にミルキーさが織り込まれつつも各音の輪郭が見えやすい印象となっており、また部分的にベースラインで比較すると、初代は楽曲に馴染む様な親和性に対し、今作では弾むようなポップさがあります。

「Sakura Lily -Flora-」(2nd/完売済)
Sakura Lily -Flora-は俯瞰的な見渡しの良さがあり、フォーカスに優れつつ高域のシャープなキレ感とやや硬質な音輪郭をもち、中低域もダイレクト感があり、特に各音のコントラストや彩度が高く、突き抜ける春の晴天を模したような明瞭度の高いサウンドキャラクターでした。 音の明度と抜け感、そして青空の下の桜木感を表現したFloraに対して、今作はクリアさを確保しつつも透明ではなく、まさに結晶構造で詰め込まれたローズクォーツのような慈愛感ある包み込む質感となっており、同時に春を感じさせる穏やかさや優しさをもパッケージしたような印象です。

 

⚫︎Sakura Quartz Artwork

本作の標準仕様として、ロゴ部にローズクォーツをサービス装飾いたします。

さらに選択可能なオプション(追加料金あり)として、スプリッターロゴ部とクリアタイプのイヤーコネクタに本作限定となる愛らしくも美麗な「桜クォーツアートワーク」を施し、Sakura Quartz Lilyのケーブルビジュアルを完璧なまでにデザイニングいたします。

※メタルシェルタイプのイヤーコネクタの場合はロゴのみのアートワークとなります

 

 

⚫︎春を彩る特別モデルがついにレギュラー化!シリーズ待望の3rdタイプ

これまでに1st「Sakura Lily」(2021)、2nd「Sakura Lily -Flora-」(2022)と、ワイヤー確保数の兼ね合いそれぞれ100本限定のオーダー製作を行わせて頂き、大変ありがたい事にどちらも完売の運びとなりました。またSakura Lilyシリーズの製作に欠かせない相方のトランスペアレントワイヤー「Crystal Lily」も昨年の半ば頃に追うような形での終売となり、諸々シリーズの再開発に向けて一旦準備を整え直す必要がありました。

そうした流れで昨年末、新透明カラーを採用しつつイチからワイヤー製造を行い、オリジナルハンダの導入でさらなるアップデートを果たした後継モデル「Snow Crystal Lily」をリリースさせて頂きました。相方の復活および完全リニューアルによって、Sakura Lilyシリーズの"新章"にも繋がって行くこととなります。

そして肝心の新たな桜ピンクワイヤーの入手ですが、真っ先に思い当たったのが前作「Sakura Lily -Flora-」です。前作リリース時の経緯として、弊社がイヤホンリケーブル開発の黎明期から後々のオリジナルワイヤー開発などでも多大に協力頂いていた米国の某ワイヤーメーカーより、スペックもカラーも1stに近似したサンプルワイヤーを約1,000ft特別に用意して頂いた・・というエピソードを併せて公表しておりましたが、このサンプルワイヤーで作り上げた「Sakura Lily -Flora-」の完成度には手応えがあり、本格的に製造を依頼したいと考えていました。本格製造を行うことでより高品質にお求めやすく、そして何より「弊社ラインナップへのレギュラー化」が実現可能となるからです。

そうして正式にワイヤー製造を依頼して出来上がった新しい「Sakura Pink wire」と、同じくSnow Crystal Lilyでリニューアルを果たした「Snow Transparent wire」を使用して、これまでとはまた異なったコンセプトで春をお届けする完全新作のエントリーモデル「Sakura Quartz Lily」(サクラクォーツリリー)がついに完成いたしました!

水晶に降り積もる雪のようなSnow Transparent wireと絡み合うことで、まるでローズクォーツ(紅石英)を思わせるようなケーブルビジュアルとなったことから、今作を桜石英(造語)・・"Sakura Quartz" Lilyと名付けました。そしてサウンドも実験を何度も重ねて、そのネーミングから連想できるようなキャラクターとなっています。

  • 製作納期

    ・本製品はオールハンドメイドによる完全受注製作につき、製作完了および発送までおおよそ3週間の納期を頂戴いたします

    ・納期はバックオーダーの状況によって前後する場合がございます

  • SPECIFICATIONS

    30AWG×2 / 32AWG×2 Silver plated OFC

    The world BEST-performance PTFE ET insulator

    Professional solder & Soldering

    Clear PE tubing

    Cable color:Sakura pink × Snow transparent

    Cable length:About 120cm

    耳側にはSHURE掛けとしてもお使い頂けます(標準:針金なし・クセ付けあり)
    世界最高峰のマスタリングスタジオクラス精度で追い込んだ性能とサウンドの高純度なケーブル仕様
    ハイレゾ音源再生を意識し最高品質の素材を電気電送の知見から製作
    周波数バランスの胆になるツイストの掛け処理と巻き方向にも拘って製作
    究極的に追い込んだ世界最高品質のWAGNUS.オリジナルハンダ「Aqua Augu」使用および温度管理、そして熟知し洗練されたアセンブリ技術によって製作
    より高音質を実現すべく心を籠めてオールハンドメイドにて製作させて頂いております

    プロマスタリングエンジニアでもあるCable maestro, Haru Wagnusとそのチームが技術を投入し、世界最高性能・最高音質のPortable Cableを、最高のワイヤーを惜しげもなく使いここに完成。
    「電気電送」「導体抵抗」「比誘電率」「構造ジオメトリー」「製造技巧」という基礎理念を根源としつつ、プロ音楽家の観点で「超高音質」作品を誕生させました。是非ご賞味ください。

¥18,000価格
bottom of page